生活環境

広野町の生活環境


広野町は 2011 年の未曾有の東日本大震災、原子力災害の影響で、一時的に全町避難しましたが、現在では町民の 9 割を超える方々が帰町し通常の生 活を送っています。広野町は大災害の教訓を胸に新たな町づくりを推進しています。将来を担う子供たちが夢や希望に満ち溢れる、そんな町を目指して います。


産業

広野町の産業

「広野工業団地」「広野火力発電所」を有し、今後新たな産業団地を造成し企業誘致を行い雇用を創出していきます。


仕事をさがす


農業

広野町の農業


ふるさと納税の返礼品となっている「ひろの米」はじめ、農業法人がブロッコリーやブドウ、かぼちゃなど、多品目の栽培を行っている町になります。また、 「国産バナナ・綺麗」をブランド化し農商工産学官が連携し取組んでいます。


交流

多目的世代交流スペースぷらっとあっと

多世代交流スペース ぷらっとあっと
(運営団体:ちゃのまプロジェクト)

「ぷらっとあっと」は地元の子どもから大人まで気軽に立ち寄れるそんな交流施設です。
定期的に様々な交流イベントを開催しています。

福島県立ふたば未来学園内カフェふぅ

カフェふぅ
(県立ふたば未来学園内)
カフェふぅでは、地域を「知る」「伝える」「盛り上げる」ことを目指し、学校と地域の多様な主体との協働を生み出 していく空間として生徒主体で活動しています。

bunkakouryukan

広野町文化交流施設-ひろの未来館-

昭和51年に建てられた広野幼稚園は、平成31年4月広野こども園の開園に伴い、その役目を終えましたが、町の歴史文化の継承、世代、地域を超えて相互交流が生まれる拠点、新しい文化活動の場となる「広野町文化交流施設-ひろの未来館-」として生まれ変わりました。


買物

ひろのテラス

ひろのテラス
「ひろのテラス」ではイオン広野店(スーパーマーケット)、くっちぃーな(飲食店)、
食と味の店かなめ(飲食店)、マーティ広野店(クリーニング)、
創新リフォーム(リフォーム)が営業しています。

住居

広野町の住居


町営住宅


賃貸


宿泊体験


空き家


医療