本文へジャンプ
 
福島県 広野町ひろぼー
ホーム町の紹介くらしのガイド農業・商業観光情報行政情報
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準の大きさにする文字を大きくする
サイトマップ
現在位置:HOMEの中のくらしのガイドの中の町政の中の財政情報から森林環境譲与税の使途について
くらしのガイド
届出
子育て
教育・文化
生活
町政
福祉・介護
年金・保険
保健
祝金・補助金
税金
申請書ダウンロード
くらしのガイド

森林環境譲与税の使途について

 平成31年4月より森林経営管理法が施行され、その財源となる森林環境税および森林環境譲与税が創設されました。令和元年9月より森林環境譲与税が国から譲与されており、その使途について公表します。

森林環境税の具体的な内容

1.基本的な仕組み
 (1)納税義務者など
    国内に住所を有する個人
 (2)税率
    年額1,000円
 (3)賦課徴収
    市町村において個人住民税と併せて行う
 (4)国への払込み
    市町村は森林環境税として納付または納入された額を都道府県を経由して国の交付税および譲与税配当金特別会計に払い込むこととする。
2.施行期日
 令和6年度
3.その他
 個人住民税に準じて非課税の範囲、減免、納付・納入、罰則などに関する所要の措置を講ずる

森林環境譲与税の具体的な内容

1.基本的な仕組み
 (1)森林環境譲与税
    森林環境譲与税は、森林環境税の収入額に相当する額とし、市町村および都道府県に対して譲与する
 (2)譲与基準
    ・森林環境情緒税の10分の9に相当する額は、市町村に対し当該額の10分の5の額を私有林人工林面積で、10分の2を林業就業者数で、10分の3の額を人口で按分して譲与する
    ・森林環境譲与税の10分の1に相当する額は、都道府県に対し市町村と童謡の基準で按分して譲与する
 (3)使途および公表
    ・市町村は、森林環境譲与税を間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発などの森林整備およびその促進に関する費用に充てなければならないこととする。
    ・都道府県は、森林環境譲与税を森林整備を実施する市町村の支援などに関する費用を充てなければならないこととする
    ・市町村および都道府県は、森林環境譲与税の使途を公表しなければならないこととする

森林環境譲与税の使途について

 森林環境譲与税の使途は法令で定められており、市町村が行う森林の間伐や人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発などの森林整備およびその促進に関する費用に充てなければなりません。広野町では、今後譲与される譲与税の見込額を考慮したところ、基金積立を行い、後年度に必要額を取崩し事業費に充てることが譲与税の有効な活用に繋がると考え、令和2年3月に広野町森林環境譲与税基金条例を制定しました。
2.施行期日
 令和元年度
関連ファイル

 1 広野町森林環境譲与税基金条例 (99kbyte)pdf
 2 令和元年度森林環境譲与税の使途 (44kbyte)pdf

お問い合せ先
部署: 総務課
電話番号: 0240-27-2111
E-mail: soumu@town.hirono.fukushima.jp

よりよいウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
このページの情報は役に立ちましたか?

 
このホームページについて免責事項個人情報保護お問い合せ このページのトップへ
広野町役場
総務課
〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
Tel 0240-27-2111 (代表) Fax 0240-27-4167
広野町役場
広野町のドメイン(www.town.hirono.fukushima.jp)上に掲載する文章・画像・音声は無断転用を禁止とさせていただきます。
Copyright© HIRONO TOWN. All rights reserved.