本文へジャンプ
福島県 広野町Englisg Site
携帯サイト
ホーム町の紹介くらしのガイド農業・商業観光情報行政情報
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準の大きさにする文字を大きくする
サイトマップ
現在位置:HOMEの中の町長室の中の町長の動きの中の平成29年度町長の動きから町長の動き(平成29年5月)
町長室
町長からのごあいさつ
町長の動き
町長メッセージ
町長室

町長の動き(平成29年5月)

 

住友大阪セメントを表敬訪問

 遠藤町長は、5月9日(火)、東京都内にある住友大阪セメント本社を訪問し、関根福一取締役社長へいわき市四倉鬼越仮設住宅の土地を貸与いただいた事に対する謝意を伝えました。
 住友大阪セメントは、いわき市四倉鬼越仮設住宅を建設する際に、快く土地を貸与していただいた経緯があり、仮設住宅供与期限が終了した今年3月までの間、供与期間が延長される度に承諾をいただいていました。
 遠藤町長は、「広野町民の避難生活に際し、多大なるご貢献をいただき感謝いたします。仮設住宅供与期間が3月末で終了し、広野町内に帰還する方が増えている状況にあり、これまでいただいたご厚意に応えるためにも全力で復興に取り組みます。」と挨拶し、関根社長は、「広野町の皆さんのために少しでも役に立てたのであれば本望です。まだまだ課題は山積していると思いますが、頑張ってください。」と述べられました。

ふくしまオーガニックコットンプロジェクト報告会に出席

 遠藤町長は。5月9日(火)、東京都内で開催された「ふくしまオーガニックコットンプロジェクト報告会」に出席しました。ふくしまオーガニックコットンプロジェクトは、平成24年にいわき市で始まったもので、NPO法人ザ・ピープルやいわきおてんとSUN企業組合が主体となって取り組んできたものです。広野町でも平成25年から下浅見川地区で栽培がスタートし、NPO法人広野わいわいプロジェクトの根本賢仁理事長などが協力して栽培をしてきました。
 こうした取り組みに遠藤町長も当初から関心を持っており、収穫作業などにも参加してきた経緯があり、今回の報告会に招待されたものです。遠藤町長は報告会でオーガニックコットンの取組みについて御礼を述べたほか、広野町の復興状況について参加者に説明しました。

下越仙台陸送(株)生コンクリート工場建設工事安全祈願祭に出席

 遠藤町長は、5月9日(火)、広野工業団地に新たに進出する下越仙台陸送(株)の生コンクリートプラント広野工場建設工事安全祈願祭に出席し、祝辞を述べました。
 この工場は、国の津波・原子力災害被災地域雇用創出企業立地補助金を活用して建設されるもので、今年11月頃に完成を予定しており、下越仙台陸送(株)の相澤勇栄代表取締役は「被災地域における地元雇用の創出に貢献し、復興を支えたい。」と挨拶しました。遠藤町長は、「広野工業団地に新たな工場を建設していただき感謝します。新たな雇用の創出により、若者が地元で活躍できる環境づくりを行政としても推進しており、引き続きご理解とご協力をお願いします。」と挨拶しました。

お問い合せ先
部署: 総務課
電話番号: 0240-27-2111
E-mail: soumu@town.hirono.fukushima.jp

よりよいウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
このページの情報は役に立ちましたか?

 
このホームページについて免責事項個人情報保護お問い合せ このページのトップへ
広野町役場
総務課
〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
Tel 0240-27-2111 (代表) Fax 0240-27-4167
広野町法人番号:1000020075418
広野町役場
広野町のドメイン(www.town.hirono.fukushima.jp)上に掲載する文章・画像・音声は無断転用を禁止とさせていただきます。
Copyright© HIRONO TOWN. All rights reserved.