本文へジャンプ
 
福島県 広野町ひろぼー
ホーム町の紹介くらしのガイド農業・商業観光情報行政情報
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準の大きさにする文字を大きくする
サイトマップ
現在位置:HOMEの中のトピックスの中の平成30年度トピックスからまちの話題(平成30年4月)
トピックス
平成30年度
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
トピックス

まちの話題(平成30年4月)

広野町安心・安全ネットワーク会議表彰

 4月27日(金曜日)、双葉警察署において、広野町安心・安全ネットワーク会議が双葉署管内交通死亡事故ゼロ1年達成に伴う表彰を受けました。これは、広野町安心・安全ネットワーク会議が町内の国道等において、立哨活動など交通事故防止活動により交通死亡事故発生の抑止に貢献したことに対して表彰されたものです。
 表彰では、中野政仁副会長が遠藤智会長の代理で表彰を受けました。

沼津学園飛龍高校生徒が広野駅東側の桜の植え替えと手入れ

 4月26日(木曜日)、静岡県にある学校法人沼津学園の飛龍高校3学年生徒28人が広野駅東側開発地区を訪れ、昨年植樹した桜の植え替えと手入れ作業を行いました。
 生徒らは枯れてしまった苗木を新たに植え替え、支柱の補強、雑草の除去などに励みました。

行政区長会議を開催

 4月26日(木曜日)、広野町中央体育館で行政区長会議を開催しました。会議では平成30年ぢの町の重点事業説明が行われたほか、区長から集会所やごみステーションの管理、防犯灯の設置などについての質問や要望があり、これに対して遠藤町長や担当課長がそれぞれ回答しました。

伊東市消防団視察来町

 4月23日(月曜日)、伊東市消防団が広野町役場を訪れ、広野町の災害復興状況等を視察しました。平成29年5月に友好都市を締結したことを受け、今後の災害対策等の参考にするため伊東市消防団幹部が町内を視察するとともに、両団員での意見交換を行いました・伊東市消防団に対し、遠藤町長は「活発な意見交換をしていただき、広野町消防団との交流が今後も継続されることを期待しています。」と挨拶をしました。

春季連合検閲を実施

 4月22日(日曜日)、富岡町総合グランドで春季連合検閲式を実施しました。8町村の消防団員ら約520人が参加し、復興と地域消防への決意を新たにしました。連合検閲は4年に1度行っており、各町村長らの観閲に続き、各消防団が富岡町夜の森地区などを堂々と行進しました。

双葉地区社会教育委員連絡協議会総会

 4月20日(金曜日)、広野町公民館で双葉地区社会教育委員連絡協議会の総会が開催されました。議事では、教育研究集会への参加などを盛り込んだ本年度事業計画を決めました。
 遠藤町長や松本教育長が出席し、遠藤長は「双葉地区が抱えている様々な状況下において、社会教育への取り組みを継続されている皆様に心から感謝を申し上げます。」と祝辞を述べました。

内堀雅雄福島県知事が来町

 4月20日(金曜日)、内堀雅雄福島県知事が広野町を訪れ、早稲田大学や東日本国際大、福島高専が研究活動拠点を置く二ツ沼総合公園パークギャラリーや広桜荘、広野町役場などを視察しました。二ツ沼総合公園パークギャラリーでは、早大環境総合研究センターの永井祐二准教授からふたば未来学園高の生徒らと復興の課題に挑戦している活動について説明を受けました。広桜荘では、活動状況の説明を受けた後、協議会職員や利用者に激励をしました。最後に広野町役場を訪れ、遠藤町長と懇談した後、役場職員に対し「一気に課題が解決するようなミラクルはありません。一つひとつの課題を解決していきましょう。」と激励の言葉を述べました。

浅倉橋渡り初め

  4月18日(水曜日)、町道中央台~山ノ神線の開通式が行われ、式の中で鈴木誠義様ご家族、一家三代夫婦による浅倉橋の渡り初を実施しました。

町道中央台~山ノ神線開通式

 4月18日(水曜日)、町道中央台~山ノ神線の開通式が行われました。浅倉橋付近で安全祈願祭と開通式を行い、地元住民や町職員ら約60人が参加し、町の発展と復興に寄与する生活道路の開通を祝いました。
 遠藤町長は「町内の幹線道路ネットワークが新たに形成され、生活の利便性が高まるとともに産業の振興、地域コミュニティーの再生、ふるさと復興に寄与するものであります。」と挨拶をし、関係者らとテープカットをしました。

第一回広野町健康づくり計画策定委員会の開催

 4月17日(火曜日)、広野町保健センターで第一回広野町健康づくり計画策定委員会が開催され、委員14人に委嘱状を交付しました。
 広野町健康づくり計画策定委員会は「第二次広野町健康づくり計画」策定のために設置されたものです。
 遠藤町長は挨拶で、「第二次広野町健康づくり計画に盛り込む具体的な各種の施策、事業等に関する目標設定等について、委員の皆さんの積極的なご意見を賜りますようお願いします。」と話しました。

地域間交流きずな復興事業

 4月17日(火曜日)、ニュージーランドの生徒11人らが広野町役場を訪れ、広野町の復興への取り組みへの説明などを受けたあと、仮置き場を視察しました。町長の挨拶を受け、ニュージーランドの生徒らが民族舞踊ハカを披露してくれました。

石炭ガス複合発電所(IGCC)起工式

 4月13日(金曜日)、広野火力発電所構内で石炭ガス複合発電所(IGCC)の起工式が実施されました。
 広野町に建設されるIGCC設備は従来の火力発電より高効率で、有害物質の排出を抑えられる世界最新鋭の技術を用いています。
 起工式には遠藤町長や黒田議会議長らが出席し、遠藤町長は、「広野町で事業展開することは、地域の発展と雇用創出、経済的効果が図られ、復興に大きく寄与されるものと期待しています。」と祝辞を述べました。

道路パトロール員、水路パトロール員委嘱状交付

 4月10日(火曜日)、広野町役場で道路パトロール員、浅見川水路パトロール員に委嘱状を交付しました。
 遠藤町長から委嘱状を手渡された3人は町内を巡回及び施設の維持管理を実施し、町民の安全、災害等の未然防止を図っていきます。
 任期は、平成30年4月1日から平成31年3月31日までです。

高齢者運転免許証自主返納者支援事業にかかる協定書締結

 4月9日(月曜日)、広野町全協室で広野タクシー(有)と高齢者運転免許証自主返納者支援事業にかかる協定書締結式を行いました。同事業は、高齢者の交通事故が多発している現状を踏まえ、高齢者が自主的に運転免許証を返納することを促進し、高齢者による交通事故の減少を図るとともに、自主返納後も安心・安全に生活できるようタクシー利用券を助成するという事業です。

ふたば未来学園高校入学式

 4月9日(月曜日)、福島県立ふたば未来学園高等学校の入学式が挙行され、第4期生となる148人の新入生が高校生活をスタートさせました。
 式では、新入生代表の早川優花さんがあいさつをしたほか、地元広野町を代表して遠藤町長が祝辞を述べました。

広野町幼稚園入園式

 4月9日(月曜日)、広野幼稚園の入園式が遊戯室で行われ、24人の新入園生が園生活をスタートさせました。
 遠藤町長が「先生のお話をよく聞き、お兄さんやお姉さん達とみんな仲良く楽しい幼稚園生活を送ってください。」と祝辞を述べました。
 園児一人ひとりが元気よく返事をしていました。

浜下り神事

 4月8日(日曜日)、「たんたんぺろぺろ」で親しまれていた浅見川地区の浜下り神事が8年ぶりに再開しました。浜下り神事では、五穀豊穣を願い、御神体をみこしにのせ、太鼓に合わせて町内を練り歩いたあと、浜辺に下り、海水で清める「潮垢離(しおごり)」が行われました。
 町内企業の社員やふたば未来学園高の生徒の協力も得て、伝統行事・ふる里復興へ心を一つにしました。

広野小学校・中学校入学式

 4月6日(金曜日)、広野小学校の入学式が同校体育館で行われました。新1年生は18人で、全校児童数は151になりました。
 また、同日広野中学校に入学式が、小学校入学式のあとに行われました。新1年生は16人で全校生徒は66人になりました。上級生から歓迎のことばを受けたあと、新入生代表が誓いのことばを述べました。

広野町児童館入館式

 4月4日(水曜日)、広野町児童館で入館式を行いました。平成30年度の利用児童数は82人でスタートしました。

広野町保育所入所式

 4月4日(水曜日)、広野町保育所の入所式を行いました。今年は2人の児童が新たに入所し、保育所の児童数は14人になりました。

広野町立小・中学校の教職員合同着任式を実施

 4月3日(火曜日)、広野町立小学校並びに広野中学校の教職員合同着任式を広野町役場で実施しました。
 遠藤町長は「広野町の教育行政をご理解頂き、子ども達の将来を見据え、厳しくも思いやりのあるご指導をお願いします。」と挨拶しました。

広野町鳥獣被害対策実施隊の総会

 4月2日(月曜日)、広野町鳥獣被害対策実施隊の総会が広野町役場で開かれ、6人の隊員に遠藤町長から任命書が手渡されました。
 隊長には根本一夫さんが就任し、総会では鳥獣による農作物への被害軽減に向けた取り組みについて意見が交わされました。
 任期は、平成30年4月1日から平成32年3月31日までです。

広野町婦人消防隊幹部に委嘱状交付

 4月2日(月曜日)、広野町役場で広野町婦人消防隊隊長1人と副隊長2人に委嘱状を交付しました。
 任期は、平成30年4月1日から平成32年3月31日までです。

公害環境監視委員に委嘱状交付

 4月2日(月曜日)、広野町役場で公害環境監視委員1人に委嘱状を交付しました。
 任期は、平成30年4月1日から平成32年3月31日までです。

環境美化推進委員に委嘱状交付

 4月2日(月曜日)、広野町役場で環境美化推進委員8人に委嘱状を交付しました。委嘱された8人は遠藤町長と懇談し、町内環境保全に尽力したいと話しました。
 任期は、平成30年4月1日から平成32年3月31日までです。

防霜対策本部を設置

 4月2日(月曜日)、広野町防霜対策本部が設置されました。期間は4月2日から5月31日までです。

職員辞令交付式・年度初め式を実施

 4月2日(月曜日)、平成30年度の職員辞令交付式を行いました。遠藤町長が一人ひとりに辞令書を手渡しました。
 辞令交付式後は年度初め式を行い、遠藤町長が「来庁する町民の皆様に明るく、元気に笑顔で対応していただきたい。町職員としての誇りと自覚、使命感を持って業務に取り組みましょう」と訓示を述べました。
 安心・安全なまちづくりに向け、力を合わせ一枚岩となって取り組みます。

お問い合せ先
部署: 総務課
電話番号: 0240-27-2111
E-mail: soumu@town.hirono.fukushima.jp

よりよいウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
このページの情報は役に立ちましたか?

 
このホームページについて免責事項個人情報保護お問い合せ このページのトップへ
広野町役場
総務課
〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
Tel 0240-27-2111 (代表) Fax 0240-27-4167
広野町役場
広野町のドメイン(www.town.hirono.fukushima.jp)上に掲載する文章・画像・音声は無断転用を禁止とさせていただきます。
Copyright© HIRONO TOWN. All rights reserved.