本文へジャンプ
福島県 広野町ひろぼー
ホーム町の紹介くらしのガイド農業・商業観光情報行政情報
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準の大きさにする文字を大きくする
サイトマップ
現在位置:HOMEの中のトピックスの中の平成27年度トピックスからまちの話題(平成27年7月)
トピックス
平成29年度
平成28年度
平成27年度
平成26年度
平成25年度
平成24年度
トピックス

まちの話題(平成27年7月)

 

公設商業施設建築工事を起工

 7月30日(木)、広野町役場前の広野町公設商業施設建設予定地で、建築工事の起工式を行いました。この施設は、広野町における商業環境整備に関する覚書の締結先であるイオンリテール株式会社がキーテナントとしてスーパーマーケットを、広野町商工会の会員企業がクリーニング店、リフォーム店、2つの飲食店を出店するもので、町民が交流できる共有スペースも設けます。

総合教育会議を設置

 7月28日(火)、広野町役場で第1回広野町総合教育会議を開催し、遠藤町長および浅野教育長を含む5人の教育委員が出席しました。この会議は、今年4月施行の法改正に伴い設置したもので、教育行政の大綱を策定するほか、重点的に講ずべき施策や緊急の場合に講ずべき措置などを協議、調整します。

二ツ沼直売所が再オープン2周年

 7月26日(日)、広野町二ツ沼直売所が再オープン2周年を記念して、「二周年感謝祭」を開催し、トマトやキュウリなどの夏野菜などを買い求める来場者でにぎわいました。特設テントでは、来客が飲食しながら談笑する姿が見られました。

町民など対象のまちあるきワークショップを開催

 7月18日(土)、町内在住者、在勤者および在学者を対象としたまちあるきワークショップを開催し、応募した19人が、東京大学大学院の大月教授や研究室メンバーらとともに町内のまちあるきをしたあと、土地利用の在り方や景観形成の在り方などについて議論しました。ここでの話し合いは、広野町国土利用計画(第二次)策定の検討材料となります。

安心・安全ネットワーク会議を開催

 7月17日(金)、3か月に1回開催する広野町安心・安全ネットワーク会議を、広野町役場で開催しました。今回は、復興庁職員も出席して、作業員と思われる人の国民健康保険税・住民税の滞納や、事業系廃棄物の家庭ごみ置き場への投棄などの問題に関して議論し、注意喚起していくことを決めました。

岐阜市長が来町

 7月16日(木)、岐阜市の細江茂光市長が来町し、遠藤町長と懇談するとともに同市から派遣されている2人の職員を激励しました。また、町長の案内で今年6月に運営を開始した災害廃棄物等減容化処理施設、ふたば未来学園高校および同校新校舎建設予定地、災害公営住宅「広野原団地」、防災緑地造成工事などを視察しました。

着衣泳講習でまさかのときに備える

 7月15日(水)、広野小学校の全学年を対象にプールで着衣泳講習を行いました。講師は全国の消防士で、水難学会指導員の資格を持っている人が大多数です。服を着たまま水に入ると、体が重くなり自由がきかなくなるので、実技を交えながらいざという時に命を守る方法を講習しました。

東北連盟表彰を報告

 7月15日(水)、富岡防犯指導隊広野分隊の根本安知さんが来庁し、遠藤町長に東北管区警察局長と東北防犯協会連絡協議会長から連名で表彰を受けたことを報告しました。毎月10日に広野小で行っているあいさつ運動や、青色回転灯を装備した車での防犯パトロール活動などが評価されたものです。

映画製作で古里を再発見

 7月14日(火)、広野中学校で映画製作を通して古里の良さや伝統、文化を再発見する授業「いいな広野 ふるさと再発見」を開始しました。東日本大震災後に双葉郡8町村で行っている「ふるさと創造学」の一環です。生徒たちはビデオカメラなどの使い方を本職の映画監督から学び、先生や友達のインタビューに挑戦しました。

双葉郡スポーツ交流大会を開催

 7月12日(日)、広野町の広野町中央体育館など3会場で、双葉郡体育協会主催、広野町などの共催で平成27年度双葉郡スポーツ交流大会が開催されました。競技は野球、バレーボール、グラウンド・ゴルフの3種目で、バレーボール、グラウンド・ゴルフの郡内町村対抗戦を行うのは、震災前行っていた双葉郡総合体育大会以来のことです。野球は8町村全てが参加し、ほかの2種目は4町村ずつ参加し、参加者は晴天の下でそれぞれの競技に汗を流しました。

ふくしま広野町メガソーラー発電所新設工事の安全を祈願

 7月10日(金)、町内折木地内で町とNECキャピタルソリューション株式会社が共同出資した「ふくしま広野町メガソーラー発電所」の新設工事地鎮祭を行い、関係者が工事の安全を祈願しました。町は売電や町有地使用料で収入を得るほか、広野小学校と広野中学校に発電量を表示するモニターを設け、環境学習にも役立てます。

委員改選後初めての農業委員会を開催

 7月10日(金)、広野町役場で改選後の委員による初めての農業委員会を開催しました。この日はそれに先駆けて、遠藤町長が選任の委員に選任書を交付しました。委員12人の構成は、選挙による9人と農協などの団体推薦に基づく選任の3人で、任期は平成27年7月8日から平成30年7月7日までの3年間です。

総合検診を実施

 7月7日(火)から11日(土)まで、広野町保健センターで平成27年度広野町総合検診を実施しています。総合検診は、9月27日(日)にも予定しています。今年度は特定健康診査を受診しなかった人を対象に、追加健診の受診勧奨をします。

Jリーガーらとサッカーで交流

 7月6日(月)、サッカーJリーグ(日本プロサッカーリーグ)・鹿島アントラーズの小笠原満男選手ら「東北人魂を持つJ選手の会」の4人が広野町を訪れました。4人は、広野町多目的運動場で広野みかんクラブのサッカー教室に参加し、子どもたちとゲームをするなどサッカーで交流をしました。

教育委員を任命

 7月6日(月)、6月の平成27年第2回広野町議会定例会で選任同意を受けた根本修行さんが教育委員に任命され、遠藤町長から任命書の交付を受けました。

町制施行75周年記念パークゴルフ大会を開催

 7月5日(日)、二ツ沼総合公園で広野町制施行75周年記念パークゴルフ大会を開催しました。町内や避難先から参加した約150人の町民が、競技と感謝祭でゆったりとした休日を過ごしました。表彰式では多数の商品のなか、75位の参加者には75周年特別賞としてマウンテンバイクが贈られました。

緑の少年団が防災緑地の苗を株分け

 7月4日(土)、広野小学校6年生児童で構成する緑の少年団が、二ツ沼総合公園で行われたどんぐりプロジェクトの株分け作業に参加しました。苗は、町内で拾い集めたドングリから育てたクヌギやコナラで、来年3月に防災緑地に植樹する予定です。

花いっぱい運動を実施

 7月4日(土)、二ツ沼総合公園で花いっぱい運動を実施し、集まった町民がサルビアとマリーゴールドの苗を園内の花壇に植えました。参加者には、自宅用の苗も配布しました。

商工会がプレミアム付き商品券を発売

 広野町商工会は、7月1日(水)、お得なプレミアムの付いた商品券の販売を開始しました。プレミアムの割合が20%あることと、購入資格を町民や町内在勤者に制限していないことが、大きな特徴です。発売の初日は、あいにくの雨天にもかかわらず商品券を買う人が大勢商工会を訪れ、5セット、10セットとまとめて購入する姿が見られました。

お問い合せ先
部署: 総務課
電話番号: 0240-27-2111
E-mail: soumu@town.hirono.fukushima.jp

よりよいウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
このページの情報は役に立ちましたか?

 
このホームページについて免責事項個人情報保護お問い合せ このページのトップへ
広野町役場
総務課
〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
Tel 0240-27-2111 (代表) Fax 0240-27-4167
広野町役場
広野町のドメイン(www.town.hirono.fukushima.jp)上に掲載する文章・画像・音声は無断転用を禁止とさせていただきます。
Copyright© HIRONO TOWN. All rights reserved.