本文へジャンプ
福島県 広野町ひろぼー
ホーム町の紹介くらしのガイド農業・商業観光情報行政情報
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準の大きさにする文字を大きくする
サイトマップ
現在位置:HOMEの中の観光情報の中の史跡・神社・仏閣から奥州日の出の松
観光情報
観光協会
お祭り
海・山・川
史跡・神社・仏閣
Jフィールド
温泉
額賀誠志
観光情報

奥州日の出の松

 
奥州日の出の松イメージ

浅見川河口の南岸(木実ヶ浦)に見られる「日之出松」は、日の出時における背景との美しさと、曲り松として優美さから、尾上の松、高砂の松と共に日本三名松の一つに数え上げられていました。さらに、「安寿と厨子王」伝説との結び付きから、陸前浜街道沿いにおける名所となっていました。
昔、この地方を治めていた岩城判官氏が、謀反人により殺されてしまいます(筑紫国に配流されたという話もあります)。そのために、奥方は安寿姫と厨子王、それに乳母竹を伴って、諸国を巡る流浪の旅(筑紫への旅)に出ますが、途中海賊に騙され、二人の子供は人質にさらわれてしまいます。奥方はこれを悲しみながら、乳母竹の里である浅見川で亡くなってしまいます。一方、人質にさらわれ、厨子王とも離れてしまった安寿姫は、やっとのことで悪者の手から逃れますが、辿り着いた浅見川の地に倒れ世を去ってしまいます。これを哀れんだ村人たちは、奥方と安寿姫の亡がらを埋め、そこに松の木を植え手厚く弔いました。(このときに植えられた松が「日之出松」だといわれています。)
安寿姫と厨子王の乳母(姥)役となった竹女になりますが、二人を失った責任を感じて、海に身を投じてしまいます。ちょうどその頃、浅見川の地では、怪しく美しい色合いをした大蛇が、二人を埋めた松の木にからみつきながら天に昇って行きます。これを見た村人たちは、不安を感じ松の木を伐ってしまいます。しかし、後に、これは竹女が大蛇となって戻ってきたのだと思うようになります。また、伐ったときの切り口からは、不思議なことに血が流れ出ました。この事があってからこの松のことを「血の出松」というようになります。現存している松は、伐られた松の根元から出た新芽が育ったものだということですが、やがて「血の出松」が訛って「日之出松」と呼ばれるようになったともいわれています。
(現在日の出の松は、台風被害によりなくなってしまいました。)

お問い合せ先
部署: 教育委員会事務局
電話番号: 0240-27-4166
E-mail: kyouiku@town.hirono.fukushima.jp

よりよいウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
このページの情報は役に立ちましたか?

 
このホームページについて免責事項個人情報保護お問い合せ このページのトップへ
広野町役場
総務課
〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
Tel 0240-27-2111 (代表) Fax 0240-27-4167
広野町役場
広野町のドメイン(www.town.hirono.fukushima.jp)上に掲載する文章・画像・音声は無断転用を禁止とさせていただきます。
Copyright© HIRONO TOWN. All rights reserved.