本文へジャンプ
福島県 広野町Englisg Site
携帯サイト
ホーム町の紹介くらしのガイド農業・商業観光情報行政情報
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準の大きさにする文字を大きくする
サイトマップ
現在位置:HOMEの中のくらしのガイドの中の福祉・介護の中の介護保険から介護保険施設入所時などの食費、部屋代の負担が軽減される場合があります(介護保険負担限度額認定)
くらしのガイド
届出
子育て
教育・文化
生活
町政
福祉・介護
年金・保険
保健
祝金・補助金
税金
申請書ダウンロード
くらしのガイド

介護保険施設入所時などの食費、部屋代の負担が軽減される場合があります(介護保険負担限度額認定)

 
○介護保険負担限度額認定とは
 介護保険施設に入所したり、短期入所(ショートステイ)サービスを利用したときは、サービス費用の1割(もしくは2割)のほかに、「食費」・「居住費(滞在費)」が利用者負担となります。
「食費」・「居住費(滞在費)」の額は、施設と利用者との契約で決まりますが、低所得世帯の方の負担が過重にならないよう、所得に応じた「負担限度額」を設定し、基準費用額との差額を特定入所者介護(介護予防)サービス費として施設に給付することで、負担の軽減が図られています。

○適用条件の見直し(平成27年8月から)
 これまでの要件は町民税世帯非課税のみでしたが、平成278月からは制度改正により配偶者の所得預貯金なども勘案されます。これに伴い、申請書の添付書類として、金融機関への照会に対しての同意書と預貯金通帳などの写しが必要となります。
 ※平成27年8月からの適用条件
所得要件

町民税世帯非課税
別世帯の配偶者も町民税非課税
※夫婦のうち、一人だけ施設に入所している場合など、別世帯になっている配偶者の所得も勘案し、配偶者が課税されている場合は、対象外となります。
資産要件

預貯金等が一定額(単身の場合は1,000万円、夫婦の場合は2,000万円)以下
※申請の際、申請日の直近から原則として2か月前までの通帳等の写しを添付するようになります。
 * 関連ファイル
  食費・部屋代の負担軽減の基準が変わります (294kbyte)pdf

○認定の有効期限
 負担限度額認定の有効期間は、原則として申請日の属する月の初日から毎年731日までです。引き続き認定を希望する場合は、毎年更新申請する必要があります。

○申請について
 ・申請できる人
  本人、家族、代理人(委任状が必要)
  ※本人、家族以外が申請するときは委任状が必要です。
 ・申請に必要なもの
  (1)申請書
  (2)預金通帳の写し(配偶者含む)
     ・見開き(氏名が載っているページ)
     ・申請日から遡って過去2か月分の入出金取引が載っているページ
      (申請の前に記帳を行うようお願いします。)
  (3)同意書
  (4)委任状(本人、家族以外の人が申請するとき)

 * 関連ファイル
  介護保険負担限度額認定申請書(同意書、委任状付き) (218kbyte)pdf
お問い合せ先
部署: 健康福祉課
電話番号: 0240-27-2113
E-mail: kenkoufukushi@town.hirono.fukushima.jp

よりよいウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
このページの情報は役に立ちましたか?

 
このホームページについて免責事項個人情報保護お問い合せ このページのトップへ
広野町役場
総務課
〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
Tel 0240-27-2111 (代表) Fax 0240-27-4167
広野町役場
広野町のドメイン(www.town.hirono.fukushima.jp)上に掲載する文章・画像・音声は無断転用を禁止とさせていただきます。
Copyright© HIRONO TOWN. All rights reserved.