埋蔵文化財とは

 埋蔵文化財とは、「地下に埋もれたままになっている文化財」のことです。
 埋蔵文化財には、土地と切り離すことのできない住居跡や古墳、貝塚などの「遺構(いこう)」と、土器や石器などの「遺物(いぶつ)」があり、これらが埋もれている場所を「遺跡(いせき)」といいます。
 埋蔵文化財は、文字や絵図などによる記録が残されていない時代の歴史を知るための唯一の資料です。また、記録が残されている時代になっても、記録を検証し、多くの新たな事実を明らかにしてくれます。
 したがって、埋蔵文化財を大地に刻まれた人間の営みの証、財産として永く後世に残していく必要があります。
 埋蔵文化財は、開発などで土地を掘削すると破壊されてしまうものです。地下に残された埋蔵文化財は、一度破壊してしまうと二度と元に戻すことができないため、埋蔵文化財を後世に残すためには、現状保存が最良です。
 みなさんには、埋蔵文化財の大切さと文化財保護法の主旨を理解していただき、その保護にご協力願います。

埋蔵文化財

埋蔵文化財包蔵地(まいぞうぶんかざいほうぞうち)
次へ