「広野町地震津波被災者等住宅再建支援事業」に関する町民からの質問をいくつか紹介します。
 ご自身が、この制度の対象となるか疑問を持っている方はお気軽に復興企画課までご連絡ください。
質      問回     答東日本大震災時に2世帯住宅に居住していた場合で、今回親と子の世帯がそれぞれ別に住宅を再建(住宅の建設又は購入あるいは住宅の修繕)する場合は、それぞれの世帯が補助対象となるか。東日本大震災発生時の1世帯につき1回の補助金交付申請が可能ですので、東日本大震災発生時に2世帯住宅に居住していて、住民票上も世帯主が別であった場合に、今回親と子の世帯が2つの住宅を再建する場合はそれぞれの世帯が補助対象になります。東日本大震災発生後、世帯分離して実態として世帯が増えた場合は、それぞれの世帯が補助対象となるか。東日本大震災発生前の世帯単位を補助対象とするため、東日本大震災後の世帯の状況に関わらず、補助金交付申請ができるのは、東日本大震災発生時の1世帯につき1回となります。東日本大震災発生前の世帯の世帯主が申請者となるが、被災住宅の所有者が申請者本人ではなく親族であった場合または配偶者との共有等であった場合、若しくは再建後の住宅の所有者が親族であった場合または配偶者との共有等であった場合は補助の対象となるか。
次へ