世帯全員が住民税非課税の場合、「後期高齢者医療限度額適用・標準負担限度額認定証」の交付を受けることができます。この認定証を病院の窓口に提示することで、入院したときの負担が軽減されます。

該当する方で、現在入院しているかもしくはこれから入院を予定している場合は、認定証の申請手続きをおすすめ致します。ただし外来には適用されません。