厚生労働大臣が指定する疾病の治療が必要な場合は、「特定疾病療養受療証」の交付を受けることでその疾病にかかる自己負担が、1医療機関につき1ヶ月1万円までとなります。交付を受けるためには申請の手続きが必要となります。

指定されている特定疾病

1)人工透析が必要な慢性腎不全

2)先天性血液凝固因子障害の一部

3)血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症

※申請手続きの際は、申請書の「医師の意見欄」に主治医の証明が必要となります。