現況届が不要になりました。
誕生月に提出していた現況届が、住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)を活用することにより提出が不要となりました。

注意
所得状況の確認が必要な障害基礎年金・特別障害給付金等を受けている方は従来どおり役場に現況届を提出します。
また、加給年金額対象者の生計維持確認や診断書等の提出は引き続き必要となります。