本文へジャンプ
福島県 広野町Englisg Site
携帯サイト
ホーム町の紹介くらしのガイド農業・商業観光情報行政情報
文字サイズ
文字を小さくする文字を標準の大きさにする文字を大きくする
サイトマップ
現在位置:HOMEの中のくらしのガイドの中の保健の中の病気予防から風しん予防接種の接種費用の助成について
東日本大震災関連情報
町長メッセージ
復旧・復興
放射線量・除染関連
避難・住宅支援
義援金・災害給付・賠償金
震災・原子力災害情報
生活情報
子育て・教育
医療・保健・福祉
企業・雇用・農業
イベント
申込書ダウンロード
関連団体リンク
連絡先一覧
その他
東日本大震災関連情報

風しん予防接種の接種費用の助成について

 
 

 風しんの流行に伴う、先天性風しん症候群を予防するため、MR(麻しん風しん混合)ワクチン、または風しんワクチンの接種にかかる費用(抗体検査費用を除く)を助成します。

 先天性風しん症候群とは・・・妊娠中に妊婦さんが風しんウィルスに感染すると、赤ちゃんが心疾患、難聴、白内障等の障害をもって生まれてくることがあります。

■助成対象者

広野町に住所を有し、①または②に該当する方
 ①妊娠を予定または希望している女性(現在妊娠中の方は除く)
 ②妊娠している女性の配偶者
※ただし、妊娠時に抗体が確認されている方、既に抗体がある方(風しん罹患歴のある方等)、MRワクチンまたは風しんワクチンを2回接種している方など除きます。


■実施開始時期

平成25年8月1日から

■助成期間

平成25年4月1日から平成26年3月31日まで

■助成額

全額 (双葉郡内及びいわき市内の登録医療機関で接種した場合は、予防接種費用に係る窓口での支払いは発生しません。)

■助成回数

1人1回

■接種に必要なもの

①住所・氏名が確認できる書類(運転免許証、健康保険証等)
②風しん予防接種助成対象者申出書及び報告書(登録医療機関にあります)
③助成対象者②(妊娠している女性の配偶者)の方は、妊婦の母子健康手帳の写し(1ページ)も必要です。

※接種の際は、双葉郡内・いわき市内の登録医療機関に予約をしてください。
<平成25年4月1日から平成25年7月31日までに既に接種した方>
 申請により予防接種費用の全額を払い戻し(償還払い)いたします。遠方に避難しているため郵送により申請をする場合には、広野町保健センターにご連絡ください。

■必要書類

   ①任意予防接種助成金交付申請書
   ②印鑑
   ③領収書の原本
   ④予防接種を受けた証明となるもの(予診票の写しなど)
   ⑤助成対象者②(妊娠している女性の配偶者)の方は、妊婦の母子健康手帳の写し(1ページ)も必要です。

■申請窓口

広野町保健センター

■その他

<平成25年8月1日以降に双葉郡内・いわき市内の医療機関以外で接種する方>
 事前に申請が必要です。広野町保健センターにご連絡ください。

■リンク

広野町任意予防接種等助成金交付申請書兼請求書

お問い合せ先
部署: 保健センター
電話番号: 0240-27-3040
E-mail: hoken@town.hirono.fukushima.jp

よりよいウェブサイトにするためにご意見をお聞かせください。
このページの情報は役に立ちましたか?

 
このホームページについて免責事項個人情報保護お問い合せ このページのトップへ
広野町役場
総務課
〒979-0402
福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
Tel 0240-27-2111 (代表) Fax 0240-27-4167
広野町法人番号:1000020075418
広野町役場
広野町のドメイン(www.town.hirono.fukushima.jp)上に掲載する文章・画像・音声は無断転用を禁止とさせていただきます。
Copyright© HIRONO TOWN. All rights reserved.